クラビ旅行記
2019年1月2日〜2019年1月7日  Vol.1


タイのリゾート、クラビに行ってきました。
プーケットほどは賑やかではない、日本ではあまり知られていないリゾートです。
いつも旅行の際は、食事処等、それなりに下調べして出発するのですが、12月忙しかった事もあり、ほとんど情報ないままの出発です。



1月2日 羽田〜バンコク〜クラビ


羽田発の午前便でバンコクへ。
タイ航空、久々のジャンボです。なんか、懐かしいです。バンコクまでは7時間ほどのフライトです。







左)お昼は和食(風)の魚料理を頂きました。
中)向かい風320km/h! すさまじいです。
右)午後の軽食。





バンコクで国内線に乗り換え、クラビへ。クラビへは1時間20分ほどのフライトです。
バンコクまでは日本人がいっぱいでしたが、クラビ行きは8〜9割がヨーロピアン。


中)機材はエアバスA330。
右)おやつのような、軽い夕食のような。。。





クラビの空港に到着後、車で30分程でお宿に到着。
飛行機の中でたくさん食べ、動かない状況でしたので、夕食はホテル向かいのセブンイレブンで購入、軽く頂きました。








1月3日 クラビ アオナンでゆっくり


今回お世話になったPAKASAI RESORT。クラビで一番賑やかなエリア、アオナン(Ao Nang)にあります。
その中で、緑に囲まれた静かな(と思われる)ホテルをチョイスしました。


上左)上中)当初、「デラックス」のお部屋を予約しましたが、先方の手違いで1ランク上の「スーペリア」のお部屋となりました。
上右)〜下右)敷地の中の植物はしっかり手入れされ、とてもキレイです。東南アジアどこでもそうですが、年が明けてもクリスマスの飾りつけです。





敷地の中には小動物がいっぱい。





ホテルで朝食後、アオナンの街を散策しました。


左)ホテルを出て左側がアオナンの街。海沿いにお店が並んでいます。
中)クラビの?アオナンの?オブジェ。
右)街のお店の看板猫。ちゃんと後ろにチップボックスがあります。





観光客はヨーロピアンがほとんど。中国人少々、日本人は見当たりません。
しかし、お店の看板やメニューは中国語が併記され、チャイナパワーを実感します。





この日のお昼もセブンイレブンで購入しました。


タイのハンバーガー。味付けは濃いめですが美味しい。





午後は近くのマッサージ屋さんへ。
さすがにマッサージ屋さんは多少の情報がないと選ぶのに困ってしまうので、日本で調べておきました。


左)「MASSAGE CORNER」というお店です。何かの人気ランキングで1番でした。1時間250バーツ、900円くらい。
右)お店の看板猫。





タイのトラデショナルマッサージ×男性施術師×一生懸命 ということで、強烈に効きました!





左)ホテルへ戻る途中、道端に生えていた植物。どうみても、観葉植物のポトスですが、自生しているのでしょうか。
右)ホテルの無料のアフタヌーンティ。アフタヌーンティといえば、籠に小さなケーキがどっさり、ですが、ここは小さなタイのスイーツがひとつ。





夕食は海沿いのどこかで、ということで海沿いへ。


乾季ですが、台風1号が発生したそうで、その影響か、どんよりとしています。





街の中には、タイ料理の他、インド料理、イタリアン、中華など、いろいろなレストランがあります。
やはりここはトラディショナルなタイ料理でいきたく、自分たちの視覚、嗅覚を信じ、「Ao Nang Seafood」というレストランにしてみました。


左)ちょっと贅沢をして、蟹です。
中)定番の鶏肉のカシューナッツ炒め。
右)これも定番、パパイヤサラダ。





ホテルへの帰り道、屋台を散策しました。


いわゆる、ロールアイス。100バーツ、350円くらい。毎日食べました。





今回、食べる機会はありませんでしたが、シーフードも美味しそうです。





Vol.2へ


旅行記へ戻る