ランカウイ島旅行記
2017年1月3日〜2017年1月8日  Vol.1


マレーシア、ランカウイ島に行ってきました。
時間に追われることもなく、何をするわけでもなく、時折現れる動物を見ながらのんびり。


1月3日
成田〜クアラルンプール〜ランカウイ



成田発マレーシア航空の午前便でクアラルンプールへ。
クアラルンプールまでは7時間半ほどのフライトです。機材はエアバスA330。






クアラルンプールで国内線に乗り継ぎです。
到着後、飛行機を降りるまでに時間がかかり、入国、乗り継ぎの時間が45分しかなくなってしまい、乗り遅れるのではないかとドキドキでした。

私たちは定刻までに乗り継ぎ完了。
間に合わなかった日本人も何人かいて、この人たちを待って、少し遅れてランカウイへ。機材はボーイング737です。

左)去年はプーケット、1昨年はベトナム、2年前はボルネオ。みんなこの画面の中にあります。
 このところ、このあたりをうろうろしています。こうしてみると、ランカウイはプーケットのすぐそばでした。船で3〜4時間の距離だそうです。
右)マレーシアはイスラム教の国。メッカの方角が表示されます。





45分ほどのフライトでランカウイに到着。
空港から車で40分程で、今回のお宿、ザ ダタイ ランカウイに到着しました。

チェックイン後、夕食。
ホテル内にはいくつかのレストランがありますが、この日はタイ料理レストランで頂きました。

メニューを見ても良くわからないので、お薦め、ということで、肉料理1皿、野菜料理1皿を頂きました。





そして就寝。飛行機の中でもいっぱい寝ましたが、爆睡です。


1月4日
ランカウイ島滞在



今回お世話になった、ザ ダタイ ランカウイ。島の北西、ダタイ湾に面した熱帯雨林の中にあります。
敷地は広く高低差もあり、頼むとカートで送り迎えしてくれます。散歩にもちょうど良い広さです。






客室はロビー横、ビルディングタイプの本館と、森の中に点在するヴィラタイプがありますが、今回は迷わずヴィラタイプをチョイスしました。

上右)下左)客室は自分の家より広い。そして半分はバスルーム+シャワールーム+洗面です。
下右)ウエルカムフルーツ。滞在中、朝晩はどうしても食べ過ぎ傾向になるので、これが昼食となりました。





朝食はビュッフェスタイル。朝からがっつり頂きました。






敷地の中にはいろいろな植物が咲いています。






朝食後、森を下ってビーチに向かいました。ビーチへは徒歩で10分ほど。

左)カートも通る道。
中)木の上にサイチョウがいました。
右)森の中のせせらぎ。

もったいないくらい静かなビーチです。同じアンダマン海ですがプーケットとは大違い。





ヴィラへ戻り、昼食に昨晩のウエルカムフルーツを頂きました。
午後はゆっくり。





夕方、再びビーチへ。
上の方からがさごそ音がするので見上げると、サルです。

上左)シロマブタザルの子供が葉っぱを食べていました。
上右)見渡すと、サルがいっぱい。
下右)下左)1匹は人を怖がることもなく降りてきました。ビーチでくつろいでいます。





左)帰り道に、イノシシ。
右)ホテルのロビーそばにアオバトの仲間。たまたまここに居たネイチャーガイドさんが教えてくれました。





夕食はマレー料理レストランで頂きました。
ここもホテルの敷地内ですが、カートで5分ほどのところにあります。

お薦めの魚系の前菜、肉系の前菜と、マレーシアカレーを頂きました。





何もしない1日のはずでしたが、それなりに疲れ、就寝。爆睡。





Vol.2へ


旅行記へ戻る