函館旅行記 (2016年7月29日〜31日)


北海道新幹線開通は道産子の夢。
往復、新幹線を利用し、初夏の函館を訪ねました。



1日目(7月29日)

はやぶさ5号で東京から新函館北斗へ。
停車駅は、大宮、仙台、盛岡、新青森のみ。所要時間4時間2分の最速の列車です。

上左)上中)残念ながら、車両はJR東日本の車両E-5系でした。大宮でほぼ満席。新青森を過ぎても8-9割の乗車率。
上右)青函トンネルを抜け、最初の北海道の風景です。やはり、感動します。
下左)新函館北斗到着。ここから函館ライナーで函館へ。3両編成です。
下右)函館に到着。立派な駅舎。駅前は意外と静か。




荷物を預け、真っ先に函館朝市へ向かいました。
お昼ですが、やっています。


迷わず、函館出身の知人お薦めの、あけぼの食堂へ。
彼のお薦めは烏賊刺し定食でしたが、ここは今が旬の生雲丹丼を頂きました。エゾバフンウニの丼です。
新鮮なので、もったいないくらい、するすると入ってしまいます。




北海道の有力コンビニ、セイコーマートのメロンソフトです。




今日のお宿、ホテルリソル函館。朝市に近いのでここをチョイスしました。




一休みして、バスにて夕方の函館山へ。


上左)上右)日没前の函館山から。ちょっと霞んでいましたが、街並みが見渡せました。
下左)山頂はこの混雑です。柵の前を三脚組が陣取り、その周りを4重くらいに観光客が囲んでいます。階段も人でぎっしり。
下右)初めて見る函館の夜景。スバラシイです。何度でも見たい。




山を下り、駅そばの居酒屋、函館あかちょうちんで夕食を頂きました。


上左)上中)上右)烏賊ってごくごく普通の食材ですが、こんなに美味しいものだったんだ。
下左)こんな感じで料理が出て来ます。載っているのは豚串の”焼き鳥”。北海道にしかありません。
下中)磨き鰊。
下右)ご馳走様でした。




ホテルに戻り就寝。




2日目(7月30日)

真っ先に朝市へ。


左)こんな感じでお店が並んでいます。観光シーズンの土曜日ですが、意外と混雑していませんでした。
右)右上の水槽に大きな蛸。




観光客向けの、釣った烏賊を調理してくれるお店。行列になっていました。私はやってません。




生雲丹です。何軒かあった中で、一番美味しそうに見えたお店で頂きました。
この1盛りで1,000円。夫婦でシェアしました。美味しいです。これは食べる価値があります。




昨日も行ったあけぼの食堂で朝食。烏賊刺し定食を頂きました。
さっきまで泳いでいた朝獲れ烏賊です。烏賊ってこんなに美味しいものだったんだ。函館の人がうらやましいです。




ホテルに戻り、チェックアウト。市内巡りに出発しました。


上左)函館は紫陽花の季節でした。
上中)ロープウエィにて昼の函館山へ。夜と違い、静かです。
上右)下左)観光客らしく、教会巡り。
下右)どうしても収めたかった八幡坂。CM等にも使われる場所です。




お昼は函館のご当地バーガー、ラッキーピエロにて。
絶対に食べたかったもののひとつ。


左)ベイエリア本店。
中)一番人気のチャイニーズチキンバーガー。大きな鳥の空揚げが入っています。どこがチャイニーズなのかわからないけど美味しい。
右)店長お薦めのラッキーエッグバーガー。手作り感のあるモスバーガーのような味です。美味しいです。

神奈川でも食べたい味。しかし、固くなに函館のみで営業していらっしゃいます。それが良いのでしょう。




電車、バスを乗り継ぎ、五稜郭公園へ向かいました。


上左)この街は電車が似合います。絵柄はみんな違うのかな?
上右)五稜郭タワーから北側を臨む。
下左)五稜郭タワーから南側を臨む。
下右)奉行所跡。




バスでホテルに向かいます。




この日のお宿、ラビスタ函館ベイ。一番人気のホテルです。




左)中)ホテルそばの函館地ビールにて。
 この後どうしても函館ラーメンが食べたかったので、おつまみは地野菜盛り合わせ1品のみ。
右)あじさいの函館塩ラーメン。




ホテルへ戻り、屋上露天風呂で函館の夜景を見ながらまったり。
流石に疲れました。その後、爆睡。




3日目(7月31日)

このホテルの自慢は朝食。日本一美味しい朝食のホテルに選ばれたこともあります。
開店前にレストランに向かいましたが、既に行列。食べるまでに30分くらいかかりました。




具が盛り放題の丼。いくら、たらこ、烏賊、甘海老、サーモンが盛り放題。残念ながら雲丹はなし。
左は妻の作品、右は私の作品。

この他に、普通に和食の定番、焼き魚、卵焼き・・・があり、洋食の定番、ハム、チーズ・・・があり、花畑牧場とコラボしたスイーツありで、これ以上は無理だーというところまで食べました。



チェックアウト後、大沼公園へ。


左)中)普通列車で久々、乗り鉄といった感じです。
右)かなりの年代モノとお見受けしました。




大沼公園に到着。湖畔を散策後、遊覧船に乗りました。
朝たくさん食べたので、お昼ご飯はなし。
雨の予報でしたが、帰るぎりぎりまでお天気はもってくれました。駒ヶ岳は霞んでいます。




楽しかった旅も終盤。新函館北斗へ向かいます。


普通列車がなく、やむなく特急で新函館北斗へ。
10分の乗車、座れなくても特急券が必要。




はやぶさ26号で東京へ。
停車駅が多いので、4時間20分かかりました。


帰りの新幹線で、最後の”函館”を頂きました。




食べたいもの数>食事の回数で、どういう順番で何を食べるか決めるのが大変なグルメ旅でした。




-終わり-



旅行記に戻る