旭川 札幌 帯広 滞在記 (2016年4月28日〜5月8日)


毎年恒例、フェリー+車によるゴールデンウイークの帰省です。
今年は親戚の墓参り、母の喜寿祝のため、帯広へ足を延ばしました。



茅ヶ崎〜新潟〜小樽〜札幌〜旭川(4月28日〜4月30日)

4月28日夜に茅ヶ崎の自宅を出発。圏央道、関越道経由で新潟に向かいました。
今年は道中、雨模様。毎年の行事ですが、雨は記憶にないです。
途中、パーキングエリアで仮眠をとり、早朝、新潟に到着。
新潟〜小樽は新日本海フェリーで18時間の船旅です。今回の船は「らいらっく」。10:30に出港しました。


上左)いつもの様に、ベランダの山野草も北海道まで連れて行きます。
上中)新日本海フェリー「らいらっく」。
上右)年に1度のUFOキャッチャー。今年の成果。
下左)昼食。海老味噌ラーメンは流行ですが、ここでも。
下右)夕食。今年の企画モノ、鰊の親子丼。普段、食べることのない鰊のフライと特製ソースが美味。




小樽到着後、札幌の実家で一休み。
この日の札幌はまさかの雪。早朝、私の母なる川、発寒川のほとりを散策しました。


左)中)発寒川のほとりにて。  右)高校母校にて。




その後、旭川の妻実家へ。





旭川(4月30日〜5月3日)

お昼前に旭川到着。

以下、旭川でのスナップです。


上左)白樺の葉が茂るのはこれから。
上中)ドライブコースにはこんな看板が。
上右)エゾノリュウキンカ。
下左)福寿草。
下中)ザゼンソウ。
下右)エゾエンゴサク。今年、花は既に終盤。




上左)出産間近の雌のキツネ。
上中)毎年、義父母と訪れる幌加内の温泉です。
上右)温泉周辺は蕎麦の産地。
下左)今年は大雪の山々がキレイに見えました。
下中)下右)20年以上お世話になっているみそラーメンのよし乃末広店。ご高齢のため、間もなく閉店されるとのことです。お疲れ様でした。


左)右)最終日、旭川の桜が開花。この日は夏日。




旭川滞在中、初日は雪、最終日は夏日。冬から初夏へ駆け抜けました。





旭川〜増毛経由〜札幌へ(5月3日)

12月に、JR留萌本線の留萌〜増毛間が廃止されることもあり、増毛の町は大賑わいでした。


上左)上中)上右)増毛の国稀酒造。残念ながら試飲はパス。
下左)下中)増毛駅。ちょうど、列車が到着しました。撮り鉄の皆さんがカシャカシャ。
下右)お守りです。




夕方、札幌の実家に到着。


夕食は実家で。写真真ん中は増毛の海老です。




帯広へ(5月4日〜5日)

親戚の墓参り、母の喜寿祝のため、帯広へ


上左)豚丼の有名店、とん田を訪ねるも、26席のお店で80人待ち。しばし並ぶも断腸の思いで断念。
上右)下左)下右)親戚の家の敷地内に咲いていた花たち。
 オオバナノエンレイソウ、ザゼンソウ、エンコウソウ。




母の喜寿祝。十勝川温泉第一ホテルにて。
地産地消のお料理の美味しいお宿。上中)は十勝牛のステーキと十勝豚のハム。上右)は自分でつくる釜飯。
帯広でも桜を見ることができました。下右)の鳥はカワラヒナ。





再び、札幌へ。


上左)上中)上右)今回、札幌ではあまりユックリできませんでした。最後に発寒川を散策。
下左)道産品を満載し茅ヶ崎に帰ります。
下中)コアップガラナは新幹線ラベル。
下右)ベル食品のカレーにちょっと惹かれました。




札幌〜小樽〜新潟〜茅ヶ崎(5月7日〜5月8日)

8時に札幌の実家を出発し、小樽から新潟行のフェリーで帰りました。
10:30に小樽を出港し、新潟まで19.5時間の船旅。


7日早朝、新潟に到着。新潟から、関越道、圏央道経由で、11時前に、無事、茅ヶ崎の自宅へ到着しました。
今回の帰省での走行距離は1,912kmでした。




-終わり-



旅行記に戻る