旭川〜札幌滞在記 (2014年4月25日〜5月6日)
Vol.1


毎年恒例、フェリー+車によるゴールデンウイークの帰省です。


茅ヶ崎〜新潟〜小樽〜札幌〜旭川(4月25日〜4月27日)

いつものように、4月25日夜に茅ヶ崎の自宅を出発し、東名、環状8号線、関越道経由で新潟に向かいました。途中、パーキングエリアで仮眠をとり、早朝、新潟に到着。来年は圏央道が茅ヶ崎〜関越道まで開通しているはずなので、環8経由はこれが最後。
新潟〜小樽は新日本海フェリーで18時間の船旅です。今回の船は「らいらっく」。10:30に出港しました。


上左)新日本海フェリー「らいらっく」
上中)上右)船内では新潟〜北海道航路開設40周年を記念し、昭和レトロイベントが行われておりました。
下左)今年の獲物。年に1度のUFOキャッチャー。どうも、この船に乗ると狩猟本能が目覚めます。
下右)お昼に頂いた岩海苔ラーメン。




小樽到着後、札幌の実家で一休み。
発寒川上流、福井えん堤横のミズバショウが気になり、早速、チェック!
その後、旭川の妻実家へ向かいました。


左)良い感じでミズバショウが咲いていました。
右)雪解けでえん堤はこのような状況。





旭川(4月27日〜4月30日)

お昼前に旭川到着。いつも、到着したお昼に、「よし乃末広店」でみそラーメンを食べることにしています。


中)ずーっと載って頂いているセドリック。
右)キティちゃんグッズでいっぱいの店内。今年は高梨沙羅ちゃんが加わっておりました。




旭川の残雪は去年よりも少な目。しかし、春の芽吹きは去年より遅い様に感じました。


上左)白樺並木。去年よりも路面が見えています。
上右)ネコヤナギの芽も膨らんでおりました。
下左)妻実家の庭の福寿草。
下右)出番ももうすぐ!


上左)大雪連邦が良く見えました。
上右)妻実家そばの貯水池です。
下左)今年は行けた、川の始まり。
下右)ついこの間まで雪に埋まっていたお地蔵さん。


帰省の際、毎回訪ねる幌加内町の政和温泉ルオント。幌加内は蕎麦が名産。


旭川最後の昼食は「梅光軒」で。こちらも旭川勤務の頃、お世話になったお店。




この後、札幌へ向かいました。
今回は、少し(かなり?)遠回りをして、増毛の国稀酒造に寄りました。日本最北の酒造で、私は学生の頃からここのお酒の大ファンです。
現地限定販売の純米酒の他、おちょこ、Tシャツ、巾着・・・と、9000円以上使ってしまいました。きき酒コーナー素通りはきつかったー






Vol.2へ


旅行記に戻る