旭川〜札幌〜十勝滞在記 (2013年4月26日〜5月6日)
Vol.2



十勝川温泉&帯広(5月2日〜5月3日 続き)

3日、なかなか会う機会のない帯広の親戚宅にお邪魔しました。農業を営んでいるお宅です。


左)中)親戚宅からの風景。青空が欲しい。
右)”親戚の敷地内”にあるキツネの巣。キツネご一家は外出中でした。


”親戚の敷地内”の雑木林でみつけた春の足音。
上左)座禅草  上右)フッキソウ
下左)ヒメイチゲ  下右)オオバナノエンレイソウの蕾



午後から、親戚ご一家とサホロのベアーマウンテンに行ってきました。ヒグマが野生に近い状態で飼育されている、ヒグマ版サファリパークです。


左)バスのガラス越しにカシャ。
中)ベアーポイントから。雪が降っています。
右)ホテルにて昼食。春野菜のかきあげ蕎麦。



親戚ご一家とお別れし、札幌へ戻ります。



札幌(5月4日)

今回は札幌でゆっくりする時間はあまりありませんでしたが、頑張って春を探しに。


上左)去年は咲いていた桜も今年は蕾の状態。開花予想日は9日とのことでした。
上中)キタコブシが咲いていました。
上右)下左)雪解けの発寒川。
下中)福井えん堤そばでみつけた水芭蕉。
下右)平和の滝。滝へ降りる階段には雪が残っていて、下まで降りられませんでした。


上左)帰省の折、必ず頂く、焼肉店「トトリ」の盛岡冷麺。学生時代、盛岡出身の人に教えてもらい、それ以来、ファンです。
上右)帰りの積荷。道産品を満載。この他に、米、ジャガイモ、タマネギ、長芋等。ほとんど、現代の北前船です。



札幌〜小樽〜新潟〜茅ヶ崎(5月5日〜5月6日)

8時に札幌の実家を出発し、小樽から新潟行のフェリーで帰ります。10:30に小樽を出港し、新潟まで19.5時間の船旅。



上左)かっぱえびせんをおねだりするカモメ。
上中)北海道よ、小樽の街よ、さようならー。
上右)帰りの獲物。
下左)ビンゴ大会で絵葉書を頂きました。
下中)海から見たカムイ岬です。
下右)ジャグリングショーの美久人さん。東京の学生さんだそうです。



6日早朝、新潟に到着。新潟から、関越道、環状8号線、東名経由で、11時過ぎに、無事、茅ヶ崎の自宅へ到着しました。


今回の帰省での走行距離は1,860kmでした。
5月連休の北海道は42年ぶりの大寒波。滞在中は雪に見舞われ、気温も1度も10℃を越えませんでした。



-終わり-



Vol.1へ


旅行記へ戻る