旭川〜札幌〜十勝滞在記 (2013年4月26日〜5月6日)
Vol.1


毎年恒例、フェリー+車によるゴールデンウイークの帰省。今年は父の喜寿のお祝いで、帯広の近く、十勝川温泉に足を延ばしました。


茅ヶ崎〜新潟〜小樽〜札幌〜旭川(4月26日〜4月28日)

いつものように、4月26日夜に茅ヶ崎の自宅を出発し、東名、環状8号線、関越道経由で新潟に向かいました。途中、パーキングエリアで仮眠をとり、早朝、新潟に到着。新潟〜小樽は新日本海フェリー「ゆうかり」で18時間の船旅です。10:30出港。


左)新日本海フェリー「ゆうかり」
右)今年の獲物。年に1度のUFOキャッチャー。どうも、この船に乗ると狩猟本能が目覚めます。



小樽到着後、札幌の実家で一休みし、旭川の妻実家へ向かいました。



旭川(4月28日〜5月1日)

お昼前に旭川到着。いつも、到着したお昼に、「よし乃末広店」でみそラーメンを食べることにしています。


左)よし乃末広店。昔、転勤で旭川で勤務していた頃からにお世話になっております。
右)店の中はキティちゃんグッズでいっぱい。知る人ぞ知る名物店。



今年の北海道は近年稀に見る豪雪で、あちこちに雪が残っておりました。


上左)妻実家の近所の道です。
上右)私の好きな里山もこの状況。
下左)川の中に、春の足音。
下右)毎日が曇りor雨でしたが、少しだけ大雪山・旭岳が見えました。



ようやっと、春の足音。



日帰りで、妻の両親を連れて、幌加内町の旧国鉄深名線沿いにある「政和温泉ルオント」へ行ってきました。


上左)政和温泉ルオントです。
上右)温泉のレストランで頂いたやまかけ蕎麦。幌加内は蕎麦が名産。
下左)凍った田んぼに白鳥。
下右)初めて見たアオサギの巣。


旭川最後の昼食は「梅光軒」で。こちらも旭川勤務の頃、お世話になったお店。



一旦、札幌へ向かいます。



十勝川温泉&帯広(5月2日〜5月3日)

父の喜寿のお祝いで、帯広の近く、十勝川温泉に行ってきました。2日朝、両親を乗せ、十勝川温泉へ向け出発しました。


昼食は「いっぴん」にて帯広名物の豚丼を頂きました。豚丼の有名処は「いっぴん」「ばんちょう」「とん田」ですが、年寄りの胃袋に優しそうな、ほどほどのボリュームの、こちらのお店で頂きました。お肉も柔らかくジューシィ。また食べたくなる味です。



ホテルのチェックインまで時間があったので、「柳月スイートピアガーデン」に寄りました。
お菓子の工場に売店、カフェが併設されており、お菓子づくり体験、工場見学もできます。ここでしか買えないお菓子もあるそうです。


左)柳月スイートピアガーデン。
右)近隣の風景。



本日のお宿は十勝川温泉第一ホテル。2回目の宿泊です。
前回宿泊時の印象が非常に良かったので、今回も同じお宿にしました。肉、魚、野菜とも、地産地消のポリシーが徹底されていて、どれも美味しい。おもてなしも心地良い。北海道の温泉は、今一歩、サービス面での評判が宜しくないですが、ここは本当に素晴らしいと思います。


左)十勝川温泉第一ホテル。
中)夕食は十勝19市町村の旬の食材を使った『十勝ビュッフェ』。手前は十勝牛のステーキ。ソースは選ばず、ハーブ塩で頂きました。
右)町民還元用の十勝ワインを頂きました。





Vol.2へ


旅行記に戻る