ケニア・マサイマラ国立公園旅行記 (2011年1月8日〜15日)
Vol.1


アフリカの野生動物をこの目で見ようと、ケニア・マサイマラ国立公園を訪ねました。
飛行機を3本乗り継ぐ道程は本当に遠かったけれど、現地ガイドさんの頑張りと幸運に恵まれ、定番からレアものまで、
たくさんの野生動物を見ることができました。動物たちは皆、いきいきとして、頂いた感動は書ききれませんが、
最終日に食べたバーベキューもとっても美味しく、人間は何とも都合の良い存在だと実感しました。



1月8日〜10日


上左)22時に成田を出発し、エミレーツ航空でドバイへ。ドバイからケニアの首都ナイロビへ。遠い。。。
上中)ナイロビでジラフセンターを見学。キリンに餌をあげることができますが、キリンのよだれで手がべとべとになります。
   この子はウガンダキリンです。一時は数が減り、絶滅が危惧されたそうです。この日はナイロビで1泊。
上右〜)10日の朝、ナイロビから双発のツインオッターでマサイマラへ。大地溝帯、雲海を超えて、1時間ほどでマサイマラに到着。
   飛行場には柵と小さな待合所があるのみ。滑走路は土です。



今回の宿泊先、ムパタ・サファリクラブ(MPATA SAFARI CLUB)です。ここに4泊しました。
ホテルはサバンナを見下ろす小高い丘の上にあります。ここに到着するまで、自宅を出発してから丸2日経っています。



夕方、初めてのサファリドライブへ。
左)ホテルのゲートを出るとすぐにマサイキリンがいました。
中)シマウマです。最初はシマウマの姿に感動しましたが、あまりにあちこちに居るので、その感動も次第に薄れました。
右)国立公園のゲート。ここから先が国立公園です。


上左)インパラ 上中)イボイノシシ 上右)マサイキリン
下左)草食動物の群れのそばに、こういったものがふつうに転がっています。これがありのままの自然の姿。
下中)あちこちにいる鳥。名前不明。
下右)ウォーターバック。もののけ姫に出てくるヤックルにそっくりです。
この後、日も暮れて、本日のサファリ終了。ホテルへ。



Vol.2へ


旅行記へ戻る