沖縄旅行記(2010年10月14日〜17日)

3連休明けのすいている時期を狙って、沖縄でダイビングしました。


10月15日 ダイビング1日目

1日目は沖縄本島でダイビングしました。

1本目 北谷遺跡ポイント

1本目は管理人妻の強い希望で遺跡(か?と言われている)ポイントへ。
うーん、遺跡と言われれば遺跡。自然の産物と言われれば自然の産物。想像力を働かせよう!



2本目 イナンビシ クマノミパラダイス

ポイント名どおり、クマノミがいっぱいでした。
上左)クマノミ 
上右)ハナビラクマノミ 
下左)カクレクマノミ 
下右)セジロクマノミ 


左)クロガシラウミヘビ 中)シライトウミウシ LoveLove交接中 右)ヘコアユ



3本目 水釜(サンゴ移植)

午後からショップの目の前の海でサンゴを移植しました。ホソエダミドリイシという種類のサンゴです。
上左)サンゴの苗です。  
上中)岩に穴を開け、苗を入れ、周りをヘチマで埋めます。  
上右)ブダイがかじらないように網を被せて完成!
   管理人妻のサンゴは・・・作業中に折れました。。。折れた先っぽも移植しましたが、はたして、2倍繁殖するか、両方アウトか?
下左)近くでインドカエルウオがこちらを伺っていました。


10月16日 ダイビング2日目

2日目はケラマに遠征しました。京都からの団体さんとご一緒しました。


1本目 唐馬(トーマ)

上左)デバスズメダイ群れ。白砂にサンゴと魚たち、ケラマらしい風景です。  上中)ハナミノカサゴ  上右)ウミテング
下左)ヒトスジギンポ  下右)ガーデンイール


2本目 アリガーケーブル

左)ヒレナガスズメダイ幼魚  
中)岩陰で昼寝中のホワイトチップ。管理人妻が見つけました。暫くすると、様子を嗅ぎ付けた団体さん御一行がやってきて
 パシャパシャ撮影を開始し、彼は迷惑そうに岩陰から出て行ってしまいました。  
右)クロユリハゼ。仲良さそうな夫婦です。


3本目 ドラゴンレディ


上左)スカシテンジクダイ群れ。これもケラマらしい風景。  
上中)ケラマハナダイ  
上右)アカシマシライゲエビ&ソリハシコモンエビ
下左)ホシテンス幼魚。ガイドのヒロさんが一生懸命探してくれました。  
下中)大ナマコ  
下右)クマノミ


陸の写真あれこれ

左)今回お世話になった、JAM marine club と Hotel Lagoon Palece 。
中)ホテルからの夕日です。お部屋の真正面に沈みます。
右)サンゴ移植を行うと、後からこのような証明書が届きます。




上左)14日の夕食はホテル近くの友遊亭で頂きました。 
上中)沖縄の県魚、グルクンの唐揚げ  
上右)島ラッキョウのてんぷら
下左)15日の夕食は山原屋で。  
下中)豆腐よう 
下右)オリオンビールとフーチャンプルー


ケラマでのダイビングは2007年以来の2回目ですが、残念ながら、この3年でケラマのサンゴの白化がずいぶん進んだように見えました。
私はここ数年のサンゴの白化は地球規模の水温変動が原因と理解しておりますが(100年スパンでは温暖化の影響大かもしれないけれど)、
自然が成せることとはいえ、豊かな海が失われ、荒涼とした風景が広がることは悲しいことで、いつか、元気なサンゴが復活し、豊かな海が
戻ってくることを願っています。



-終わり-



戻る