沖縄旅行記(2007年8月25日)

沖縄へ旅行し、1日、慶良間でダイビングしました。
ダイビングサービスは、沖縄では大手の某ショップを利用。機材もウエットもレンタル、身一つでの参加です。
北谷を出港し、一路、慶良間へ!高速ボートで約1時間の道程です。



ダイビング1本目 渡嘉敷島 アリガーケーブル

エントリーして海底まで潜降し、周りのサンゴを見渡すと、多くのサンゴが真っ白!これが白化現象というものなのかと、悲しい気持ちになってしまいました。エキジット後、、若い女性御一行様が、「サンゴきれいだたねー」と、嬉しそうに話しておりました。「違うんだよ、お土産屋さんのサンゴのように真っ白だけど、あれは本来の元気な姿ではないんだよ」と教えてあげたい気持ちでいっぱいだったのですが、せっかくの彼女たちの旅の感動を否定することもできず、黙っておりました。


上左)ハナビラクマノミ  上中スカシテンジクダイ  上右)オグロトラギス
下左)アマミスズメダイ  下中)ヘラルドコガネヤッコ  下右)セジロクマノミ



ダイビング2本目 座間味島 ドラゴンレディ

バブル期の原田知世主演の映画 「彼女が水着にきがえたら」に使われた、飛行機の残骸が沈んでいるということで有名なポイント。エントリーし、ひたすら泳ぐと、こじんまりとした錆びた鉄骨が。これが飛行機? しかし、どこまでも見渡せそうなケラマブルーの海と真っ白な砂は美しかった。

上左)ドラゴンレディ号  
上中)フタスジリュウキュウスズメダイ  小さいと絵になりますが、これは大きく育ちすぎて、あまり可愛いくありません。
上右)ヨスジフエダイ  小ぶりな子たちが群れていました。
下左)キンセンイシモチ  下中)ナガサキスズメダイ  下右)ニセネッタイスズメダイ


左)ヒフキアイゴ  中)レモンスズメダイ  右)クマノミ



3本目 儀志布島 サンドトライアングル

1本目2本目より、少し濁ってきました。うーん、サカナもいない、と思っていたところ、妻が大騒ぎして何かを指さしているので、そちらを見ると、ウミガメが!タイマイです。寄って写真を撮らせて頂きましたが、逃げる気配もなく、岩についている海藻をむしゃむしゃ食べておりました。

上左)タイマイ  上右)イチモンジブダイと元気なサンゴ
下左)カンモンハタ  下右)カクレクマノミ いわゆる、”ニモ”です。



おまけ

左)中)ちゅら海水族館
右)少し前に、那覇空港で中華航空機が炎上する事故があり、残骸が残されておりました。



-終わり-



旅行記へ戻る