セブ島 モアルボアル旅行記(2007年1月4日〜1月8日)
Vol.3

1月7日(ダイビング3日目)


ポイント名のとおり、ハゼがたくさん居るポイントです。朝のブリーフィングで「どこへ行きたいですか」と聞かれ、迷わず私がリクエストしました。
ハゼについては好きな人、そうでもない人にハッキリ分れ、雰囲気的には、他のゲストの方は乗り気でなかったかな???
でも、皆さん、楽しめましたよね。わがまま言ってすみません。

ダイビング1本目 ゴビーポイントU

上左)イソハゼの仲間  
上中)ゴールドスペックジョーフィッシュ  なかなか出てきてくれませんでした。どこのポイントでもいっしょ。
上右)カニハゼ  ぴょんぴょん跳ねるのが何ともひょうきんですが、なぜ跳ねる?
下左)レッドマージシュリンプゴビー   ダテハゼのようですが少し違うらしい。 
下右)ギンガハゼ  この子は黄色ですが、近くに黒っぽい色の子も居ました。


ダイビング2本目 トンゴサンクチュアリ

私の150本目のダイビングを皆さんにお祝いして頂きました。ありがとうございました!

上左)おめでとう150本の記念写真です。 私が来ているのはチキチキさんプレゼントの記念Tシャツです。
上中)フタスジリュウキュウスズメダイ  上右)ネッタイスズメダイ
下左)デバスズメダイ  下右)ネッタイスズメダイ
午後から町に繰り出すため、この旅のダイビングはこれで終了。満喫できました!


陸の写真いろいろ

上左)上中)今回宿泊した カバナ ビーチクラブ リゾート (Cabana Beach Club Resort)
   これでもこのあたりでは少し高級。
   チェックインして毛布がないとフロントに伝えたのですが、フロントの人によると、私たちがベッドカバーと思ったものが毛布でした。
上右)リゾートはモアルボアルの町から少し離れたパナグサマビーチというところにあります。こちらはパナグサマビーチのメインストリート。素朴です。
下左)海から見たチキチキダイバーズ  下右)ダイビングボート

上右)朝の海  上左)モアルボアルの夕焼け
下左)モアルボアルの猫  
下右)最後の晩、夕食を頂いたリトルコーナーレストラン(Little Corner Restaurant)
   好みのものを選び焼いてもらいます。たらふく食べて飲んで1人1000円くらい。

1月7日午後、モアルボアルの町に出かけました。
上左)ここらあたりの交通手段、トライシクル。これにお客さんが7人乗れます。モアルボアルの町まで10分くらい。
   料金は交渉の結果、50ペソ(120円くらい)でした。
上中)モアルボアルの町並み。パナグサマビーチより、ちょっと都会。
上右)魚屋さん。ダイビングで見たような魚が売られています。
下左)下中)下右)マーケットのスナップ。


1月8日

この旅もあっという間に最終日。朝食後、セブの空港へ出発。マニラ経由で成田へ!
朝食のトーストは、頼んでから出て来るまで40分くらいかかりました。さすが、ここはフィリピン。

飛行機の中から見た夕焼け。


これまでに私が見たサンゴの中で、サンゴの広がり、生き生きさ、豊かさ、そして、頂いた感動という面で、モアルボアルのサンゴが一番すばらしかったと思います。知人の「竜宮城」の表現に間違いはありませんでした。いつまでも、モアルボアルのサンゴが元気であり続けますように。

この旅行記は2012年3月に作成しました。

-終わり-



Vol.2へ


旅行記へ戻る